[掲示板top]

     
 

 

 

 

◇掲示板に書き込まれた内容が著しく不適当であると管理者が判断した場合は予告なく削除いたします。

 
 名 前 
 メール
 タイトル



書き込みパスワード  ※パスワード所持者以外は書き込みができません。

 


松木杯 投稿者:本多コーチ 投稿日:2016/09/01 10:23  No.137
先日開催された「松木杯」の結果をお知らせします。


●開催日:2016年8月21日(日)
          8月27日(土)
●会 場:大洲小学校(21日)
     信篤小学校(27日)
●結果
  ・妙典○2−0国府台FC
  ・妙典×0−4市川真間どろんこSC
  ・妙典×1−3信篤FC
   勝点:3点で3位

 <選手たちへ>
   6年間の集大成と位置づけ、みんな一人ひとりが目標を
   持って臨んだ大会でした。そして予選リーグ敗退という
   厳しい結果もまた受け止めなければいけない事実です。

   ・自分の目標は達成できましたか?
   ・「すべての力を仲間のために」・・・出来ましたか?

   そこには、「どうしても勝ちたい」という強い、強い
   「気持ち(心)」が必要でした。

   どうだったでしょう? 考えてみてください



   でも、下を向いている時間はありません。今週末には
   南部杯、さらに宮田招待、妙典中招待、そして、最後の
   大きな大会となる「親善大会」が待っています。

   自分の目標、そしてチームの目標ははっきりしています

   「強いチームが勝つのではない、
           勝ったチームが強いのです」

   まだまだ成長できます。最後に笑うのは自分達だと信じ
   て、日々の練習、試合の一つひとつを大切にして頑張って
   行きましょう
  

  <お父さん/お母さんへ>
   今回も沢山の応援をありがとうございました。

   結果は厳しいものとなりましたが、一番悔しいのは
   選手たち自身です。

   6年生も折り返し地点に来ました。一つひとつの経験が
   まだまだ成長していく子供達の「糧」となっています。
   
   これからも大会、練習試合と続きますが、是非、たく
   ましくなっていく子供達が、大きな壁を乗り越えて行く
   姿を守ってあげてください。

   今後とも宜しくお願いいたします。

本多

親善大会(5年生) 投稿者:本多コーチ 投稿日:2015/10/19 13:08  No.136
先日開催された「親善大会(5年生の部)」の結果を
お知らせします。


●開催日:2015年10月 3日(土)
          10月10日(土)
●会 場:Aチーム ⇒中国分SH
     Bチーム ⇒稲越小学校

 <Aチーム>
  ・妙典×0−2S−P.フッチFC
  ・妙典×2−3若宮FC
  ・妙典○3−0市川中央LK
  ・妙典△1−1新浜FC
   勝点:4点で3位

 <Bチーム>
  ・妙典×0−3国府台FC
  ・妙典×0−9稲荷木少年SC
  ・妙典△1−1中山FCブルー
  ・妙典×0−8市川KIFC
  勝点:1点で5位

 【所感】
  <Aチーム(田渕)>
   この大会を通じて、「まだまだこのチームは伸びる!」
   と強く感じました。結果がすべてであるはことは承知の
   上ですが、低学年の時と比較すると、当然周りのチーム
   も練習を重ねて成長しており、この1年間は特に敗戦が
   多かったように思います。しかし今回の4試合を通して、
   状況判断・声がけ・コーチング・バランスに関しては
   一人一人が非常に成長していることを感じましたし、
   勝負する気持ちや絶対に止める、という強い気持ちが
   伝わってきました。
 
   一方、課題も見えてきました。攻守の切替が遅い・失点
   した後引いてしまう・縦に急ぎすぎる、前向きなコーチ
   ングが少ない・ボールコントロール・ボールへの寄せの
   遅さなど・・・

   あと1年半ですが、これからも練習や練習試合で色々な
   プレーにチャレンジして、自分自身が恰好良い、納得の
   いくようなサッカーができるようになればと思います。
   4試合とも次に繋がるナイスゲームでした!

  <Bチーム(篠原)>
   結果は1分3敗、勝ち点1の5位。
   負けが先行し、厳しい結果となりました。

   正直、試合に負けてしまうことが多い君たちは、試合後、
   言葉数が少なくなったり、うつむきがちになってしまった
   りすることが多い。
   今大会も、4試合中3試合は、そんな感じでした。

   でも、「1−1」で引き分けた中山戦は、いつもと違いま
   した。 1−0で前半を折り返した時のハーフタイム、いつ
   になくハイテンションでみなベンチに戻ってきましたね。
   ゴールを決めた人、ナイスパスを出した人、ねばり強く
   守備をしていた人、相手のシュートを体を張って止めた
   キーパー。 皆がお互いをほめたたえ、励ましあっていま
   したね。 「いけるぞ!」「今のプレーを続ければ、勝てる!」
   「後半もやるぞ!」と、あちこちから元気な、大きな声が
   出ていました。

   そして、残念ながらタイムアップ直前に追いつかれ、1−1
   の同点・・・ あと少しで勝てたのだから、皆とても悔し
   かったはず。 でも、君たちはみな、誰かを責めることも
   せず、失点してうなだれたディフェンダーやキーパーを
   かばい、なぐさめていたね。

   とてもいい光景でした。
   本当の「君たち」を見ることができた気がします。
   みんなを応援している家族の人達も、とても楽しそうでしたよ。

   今回の大会を通じて、いろいろなことを感じたと思いますが、
   是非この日感じたことを忘れないで欲しいと思います。
   楽しかったこと、悔しかったことを忘れなければ、今まで
   以上に真剣に練習に取り組めると思います。

   ただでさえ楽しいサッカー、勝てばもっと楽しいはず。
   あの「楽しかった」気持ちをまた味わうために、そして今度こそ
   試合に勝てるように、今日からまた一緒に練習しましょう!

  <お父さん/お母さんへ(本多)>
   今回も沢山の応援をありがとうございます。
   各コーチが書いていただいている通り、心身ともに成長した
   子供達の姿を見れたのではないかと思います。

   4年生からの11人制サッカー、最初はピッチが広いなと
   思いましたが、今は子供達がところ狭しと走り回っています。
   相手との接触も激しくなり、倒されても、転んでも立ち上り、
   痛いと思っても耐える姿は成長の証しです。
   そして次のステップとして「自信」を付けてほしいと思って
   います。自分を信じられるだけの、練習や試合がどれだけ
   出来たのか、個人、そしてチームとして「自分はここまで
   やった!」という思いが、試合での自信に変わると思って
   います。この冬をどう取り組むかで、6年生になったときの
   姿は大きく変わるかもしれません。
     
   これからも時間の許す限り、グラウンドに足を運んでいただき、
   子供達のよきサポーターとして、見守っていただければと思います。

   今後とも宜しくお願いいたします。

田渕、篠原、本多

親善大会(4年生) 投稿者:本多コーチ 投稿日:2014/12/11 11:22  No.135

先日開催された「親善大会」の結果を
お知らせします。


●開催日:2014年11月22日(土)
          12月 6日(土)
●会 場:Aチーム ⇒福栄小学校
     Bチーム ⇒鬼高小学校

 <Aチーム>
 ・妙典△1−1国府台FC
 ・妙典○7−0大和田SC
 ・妙典×1−2アレグリシモカイFC
 ・妙典○7−0福栄FC
  勝点:7点で2位

 <Bチーム>
 ・妙典×0−8南市川JFCイエロー
 ・妙典○1−0FC鬼高B
 ・妙典×0−8市川KIFC
 ・妙典×0−7中山FC
  勝点:3点で4位

【所感】
 <Aチーム(本多)>
  この大会は一日目、第一試合の入り方で、最終的
  な順位が決まったと言っても過言ではありません。
  それは、みんなが一番わかっているでしょう。

  自分(個人)のしたい事をするサッカーをするのか、
  自分達(チーム)がすべきサッカーをするのかの違いです。
  それは、全て結果として出ています。自分(個人)のした
  いことが出来た試合では大量得点で勝利、それが出来ない
  相手との試合では引き分け(負け)、そして得点も少ない。

  前にも話をしましたが、改めて書きます
  ・「サッカーはひとりでやるスポーツじゃない。チーム
   スポーツだ。ドリブルで相手をかわすのもいいが、
   連携によって相手を引き付け、相手のいないところ
   へボールを運び、そこから攻めることが出来ればより
   効果的だろう。」

  ・「アタッキングサードに入ったら、強引でいい。中盤で
    は冷静に相手の穴を探すタカになれ。そしてゴール前
    では・・・・獰猛(どうもう)なトラになれ。」

  少し厳しいことを言いましたが、君たちなら出来ると思って
  います。これからもがんばっていきましょう

 <Bチーム(滝)>
  公式戦、初勝利おめでとうございます!
  鬼高戦では、ボールを前に運ぶシーンがたくさんあり、
  また相手の攻撃も早い寄せでつぶすなど、
  試合の主導権を握っていて、内容としても良かったと思います。
  なにより、「勝ちたい」という、みんなの気持ちが
  プレーによく表れてたし、よく声もでてました。
  必至にがんばっていましたね。

  他3試合も終盤は崩れて失点を重ねたものの、中盤までの、
  試合への集中力は、以前よりも格段に良くなっています。
  だけど、相手ドリブルで何人も簡単に抜かれ縦に突破されたり、
  横にボールを繋いでくるチームにはフリーでシュートを
  打たれるシーンがたくさんありましたし、ドリブルをしても
  人が多いところに突っ込んで、相手にとられることも多かった。
  課題はありますが、今回の、この経験や気持ちを忘れず、これ
  からの練習や試合に取り組めば、どんどん良いサッカーができ、
  どんどん良いチームになると思います。これからが楽しみです。
  一緒にがんばりましょう。

 <お父さん/お母さんへ(本多)>

  今回もたくさんの応援をいただき、ありがとうございました

  Bチームが公式戦で初勝利したことがとてもうれしく、少しづつ
  チームの中で「自分が頑張らないと」と考える事や、最後まで
  あきらめない気持ちが出来てきているように感じます。

  一方でAチームには少し厳しいことをいいました。大会での
  成績はいつもと違いますが、子供達がこの時期に貴重な経験
  を出来たと考えています。
  コーチとしては今を見ることも大切ですが、小学校年代だけで
  なく、中学、高校に行っても役に立つ、スキルや考え方を学ん
  でほしいと願っています。ご理解いただければ幸いです。

  これからも時間の許す限り、グラウンドに足を運んでいただき、
  子供達のよきサポーターとして、見守っていただければと思います。

  今後とも宜しくお願いいたします。

滝、本多

南部杯結果 投稿者:小川コーチ 投稿日:2014/09/20 17:19  No.134
Aチーム結果
第2試合 vs南行徳 0-2で敗戦
第3試合 vs行徳B 0-1で敗戦
第6試合 vs富美浜 4-0で勝利
結果 決勝リーグ3位でした。

Bチーム 結果☆
第1試合 vs福栄 0-3で敗戦
第3試合 vs行徳A 6-0で勝利
第5試合 vs南市川B 1-2で敗戦
結果 海浜リーグ3位でした。

6年南部杯予選結果 投稿者:小川コーチ 投稿日:2014/09/14 22:48  No.133
南部杯結果
Aチーム
対塩浜 3−0
対南市川B 6−0
対北浜 0−0
予選1位

Bチーム
対南行徳 1−7
対行徳A 2−1
対富美浜 0−7
予選3位

松木杯2位トーナメント 投稿者:小川コーチ 投稿日:2014/09/14 22:44  No.132
遅くなりましたが、
松木杯2位トーナメントの結果をお知らせ致します。

一回戦
妙典×1−2明海

残念ながら初戦敗退でした。

松木杯予選リーグ 投稿者:小川コーチ 投稿日:2014/08/25 20:23  No.131
松木杯予選リーグの結果をお知らせ致します。

妙典◯ 2−0平田
妙典◯ 3−1市川中央
妙典✕ 2−3フォルマーレ
妙典◯11−0アレグリB

結果3勝1敗でリーグ2位となり、
来週の2位トーナメントに進出しました。

北ライオンズ杯、南部杯(4年生) 投稿者:本多コーチ 投稿日:2014/05/26 00:14  No.130
先日開催された「北ライオンズ杯」「南部杯」の
結果をお知らせします。
なお、北ライオンズ杯は結果のみ掲載します

▼北ライオンズ杯▼
 <Aチーム>
  ・妙典○1−0塩浜
  ・妙典○2−0南市川JFCレッド
 >>決勝トーナメントに進出
  ・妙典×0−2市川KI

 <Bチーム>
  ・妙典×0−0南市川JFCイエロー
     (PK3−4)


▼南部杯▼
 ●予選リーグ開催日:2014年5月3日(土)
       会 場:Aチーム ⇒福栄小学校
           Bチーム ⇒南新浜小学校

 <Aチーム>
 ・妙典○2−0南市川JFCC
 ・妙典○2−0塩浜
 ・妙典○10−0福栄
  勝点:9点で決勝リーグ進出

 <Bチーム>
 ・妙典×0−10南市川JFCA
 ・妙典×0−8行徳
 ・妙典×0−8富美浜
  勝点:0点で南部Bayリーグへ進出

 ●順位リーグ開催日:2014年5月10日
        場所:Aチーム ⇒南新浜小学校
           Bチーム ⇒福栄小学校

 <Aチーム>・・決勝リーグ
 ・妙典○2−0南市川JFCA
 ・妙典△0−0新浜
 ・妙典○1−0富美浜
  勝点:7点、得失点差で優勝

 <Bチーム>・・南部Bayリーグ
 ・妙典×1−2福栄
 ・妙典×0−2塩浜
 ・妙典×0−8北浜
  勝点:0点


【所感】
 <Aチーム(長澤)>
  全日程を無失点で5勝1分で乗り切った結果、優勝しました。
  おめでとうございます!
  今大会では北ライオンズ杯で見えた課題の一つを特に意識
  して望みましたが、どうでしたでしょうか?
  バックのラインを状況に応じて自分達で上げられましたか?
  コーチからの声掛けで気付くのではなく、チームスポーツ
  ですから、仲間通しで声を出し合って気付き合いましょう。
  また、ボールへの寄せが非常に早いチームとも対戦できま
  した。プレッシャーが早くやりずらかったと思います
  だったら自分達もやりましょう。その為には、どこにボール
  が出てきそうかな?という、素早い『読み』と『反応』が
  必要です。という事は、常に周りを確認しておくことが必要
  です。普段の練習からボールだけではなく、周りを見るクセ
  をつける事。意識付けを続けることで習慣に変わっていきます。
  今後とも頑張っていきましょう。


 <Bチーム(稲葉)>
 大会全体通して、なかなかボールをキープできず、自陣での守備の時間
  が多く苦戦を強いられました。試合に臨む姿勢の部分(休憩時間の過ごし
  方、整列時の態度など)でも緊張感に乏しく他チームと差があった感があ
  ります。11人制になりピッチは広く試合時間も30分と長くなり、全員が
  集中力を保たないと勝利は難しいです。普段の練習で出来ていないこと
  が大会でできるはずがありません。日々の練習からのメリハリ、やるべ
  き時はスイッチを入れ集中力を高く持つ、というようことが大事かと感
  じました。

 <お父さん/お母さんへ(本多)>
  今回も沢山の声援(応援)をいただき、ありがとうございました
  4年生になり、予選リーグ、順位リーグと市内、地区で優勝を決める
  大会を始めて経験しました。そしてA、Bチームで参加し、両極の結果
  となりました。
  コーチの中で常々話ているのは、それぞれのレベルに合った練習の中で、
  最善のプレーができるようになること。そのためにコーチが一体となり、
  子供達に最良の練習環境を作り、プルアップとボトムアップを図ってい
  ます。
  これからも時間の許す限り、グラウンドに足を運んでいただき、子供達
  のよきサポーターとして、見守っていただければと思います。

  今後とも宜しくお願いいたします。

  長澤、稲葉、本多

わんぱくリーグサッカー大会(3年) 投稿者:本多コーチ 投稿日:2014/03/12 00:02  No.129
先日開催された「わんぱくリーグサッカー大会」の
結果をお知らせします。

開催日:2014年3月1日(土)
会 場:Aチーム ⇒稲荷木小学校
    Bチーム ⇒妙典小学校

<Aチーム>[リーグ
・妙典○3−0富美浜
・妙典○4−0稲荷木
・妙典○6−0柏井
 勝点:9点で優勝
 <<敢闘賞>>

<Bチーム>Vリーグ
・妙典×0−2国分
・妙典×1−3フッチ
・妙典△1−1大柏
・妙典×0−2中山A
 勝点:1点、
 <<リーグ5位>>

【所感】
 <Aチーム(長澤)>
  敢闘賞おめでとうございます。
  無失点で大会を終えられたのは素晴らしいです。
  全試合を通して意思のあるパスも繋がり、フォローの意識も
  高く、集中できていたと思います。コーチから見たら、声も
  出ていたと思うけど、どうだったかな?
  今回はイロイロなポジションを経験して欲しいと思い、ある
  程度みんなの位置を限定しました。ポジションによって、
  ゲームの見え方はどうでしたか??
  全員が自分の望む位置でプレーできるわけではありませんし、
  ポジション毎の楽しさも違います。与えられたポジションで、
  自分の役割は何なのか?を考え、実践する事、楽しむ事が重
  要です。試合中でもMTG時にでも積極的にチームメイトと話し
  合い、自分の考えを話し、相手の考えを聞いてください。そ
  うする事で、もっとサッカーが楽しくなるはずです。
  これからも、一つ一つの練習を大事にして、頑張っていきま
  しょう!

 <Bチーム(滝)>
  結果は5チーム中、最下位でしたね。
  でも、これからの自信につながる、良い点もありました。
  フッチ戦の後半、スコアは1-1でしたが、内容的には妙典Bが優勢
  でした。前半は0-2だったのに、なぜ?
  みんながフッチよりも走り、みんながフッチよりも声を出しあって
  チームプレーをしたからです。守備では、相手がボールを持った時
  の寄せが早く、チャレンジ&カバーもできました。味方がドリブルし
  たときはフォローがあったので、前へ前へボールを運べました。
  きっかけは本多コーチの試合中の声掛けでした。相手ボールになった
  とき、「誰が行く?」と何度もみんなに問いかけて、みんなが走りは
  じめた。コーチの声がなくても、「自分が行く」という意識を常に持
  てるようになれれば、もっといいですね。みんなは「自分が行く」と
  意識するだけで、あれだけ良い試合ができるのです。

  今回、負けて悔しそうな顔をする子がたくさんいました。次回勝つた
  め、練習を大事にしてください。今の3年生は、1年生の頃から1対1の
  練習に多くの時間を使っています。その1対1で相手に競り負けること
  が多く見られました。みんなは1対1の練習を真剣にやっていますか?
  勝負してますか?そこで差がでます。しっかり練習して、次の大会に
  のぞみましょう。

 <お父さん/お母さんへ(本多)>
  今回初めて会場校として、大会を運営しました。色々とお手伝いを
  いただき、本当にありがとうございました。6年の卒業までにあと
  1〜2回ほどあるかと思いますが、今回の経験を活かし、より良い
  運営が出来ればと思います。
  さて、結果やコーチからのコメントは上記の通りです。Bチームも
  得点差ほどの実力の違いがあったとは思っていません。一人ひとり
  がチームのために力を出すことが、ピッチが広くなった11人制で
  は重要です。始まったばかりの11人制です。これからも沢山の試合
  や大会を通じて、たくましい選手に育ってほしいと思っています。

  今後とも宜しくお願いいたします。

  長澤、滝、本多

ジュニアカップ(3年生) 投稿者:本多コーチ 投稿日:2013/10/06 23:14  No.128

先日開催された「ジュニアカップサッカー大会」の
結果をお知らせします。

開催日:2013年9月28日(土)
会 場:Aチーム  ⇒曽谷小学校
    B、Cチーム⇒冨貴島小学校

<Aチーム>Yリーグ(その1)
・妙典○4-0塩浜SC
・妙典○7-0アレグリB
・妙典○3-1市川真間
 勝点:9点で決勝へ
 ・決勝…妙典○3-0曽谷
 <<敢闘賞>>

<Bチーム>Xリーグ(その2)
・妙典△0-0南行徳A
・妙典△0-0市川Bay
・妙典△0-0中国分LW
 勝点:3点、全チーム引き分けのため
    PK戦にて決勝進出チーム決定
 ・妙典×2-3市川Bay
 <<リーグ3位>>

<Cチーム>Xリーグ(その1)
・妙典○1-0冨貴島
・妙典△0-0南行徳B
・妙典△0-0信篤A
 勝点:5点
 <<リーグ2位>>

【所感】
 <Aチーム(稲葉)>
  初戦から高いモチベーションで各々の持ち味を出し切ってくれた結果、
  どの試合も安定した試合運びで目標の敢闘賞を獲得することができました。
  課題だった声だしはスムーズ、周りをみながらパスを繋ぐ意識が高く、チーム
  としての一体感があったからこその結果だったと思います。結果に奢ることなく、
  チームの和を大切に周りへのサポートへの感謝を忘れず、成長していって欲しい
  と思います。

 <Bチーム(長澤)>
  大会お疲れ様でした。
  三試合共に点は取れませんでしたが、無失点だったのはスゴイですね。
  キーパー、バックを中心に懸命に守ったからだと思います。
  PK戦は残念でした。そろそろボールのちゃんとした蹴り方も覚えないとね。
  上手な人の蹴り方をよく見て、真似をするのでもいいしね。
  でも、1点取りたかったですね。取る為にはどうすればいいか?
  たくさん点をとっているチームは、どういうチームなのかな?
  チームとしてどういう考えを持って、個人はチームの為にどう貢献しているの
  だろう。

  『一人一人が上手なチーム』という答えではありませんよ。よく考えてみて。
  その時々のチームに自分の力を100%出し切れるように、全力を尽くしましょう。
  練習では自分のスキルをもっと高められるように、苦手なものにもチャレンジして
  いきましょう。あとあと得をしますよ。皆で、これからも頑張ろう!

 <Cチーム(田渕)>
  終わってみれば、失点なしの勝ち点5。みんな本当に力を発揮しました!
  初めて今回のチーム分け(チーム編成)をしたとき、みんなは「大丈夫」かな?
  と思ったのではないでしょうか。
  夏の暑い中での練習も真剣に取り組み、みんなでチームとして前を向こうと
  懸命にボールを追いかけるうちに徐々に力をつけていったことを見ている父兄の方、
  コーチ、そして実際にサッカーをしていたみんなが実感したのではないでしょうか。

  この数ヶ月でみんなは精神的にも肉体的にも技術的にも確実にステップアップしたと
  思います。サッカーで学んだことをこれからの生活に活かしていきたいですね!

  最後に、3年生全員にいえることですが、試合中・練習中に声が出ないのは、
  なぜでしょう?サッカーはチームプレーです。みんなで声を掛け合ってゴールを
  目指したり、ゴールを守ったりするためには、元気なあいさつが始まりです。
  元気よくあいさつすることができれば、3年生チーム全体も元気が沸き出るはず
  です!チーム全員で心がけていきましょう!!
 
 <お父さん/お母さんへ(本多)>
  今回も沢山の応援をありがとうございます。
  1年生以来の3チームで参加し、Aチームは敢闘賞、B、Cチームは無失点と
  成果と成長を見ることの出来た大会でした。
  これから11人制のサッカーへ移行し、チーム内の関わる人数も増え、フィールド
  が大きくなることで、より体力的にタフな試合が増えていきます。
  また、個人差はありますが、ここからの数年間は「即座の習得」と言われるゴールデン
  エイジの期間に入ります。沢山の事を吸収し、6年間、その先のサッカー選手としての
  準備をしていきます。試合では失敗をすることもあるかもしれません、でも、子供達の
  ヤル気や最後のがんばりは、お父さん、お母さんの応援だと思っています。是非、子供
  の良いところを見て、褒めてあげてください。

  これからも、宜しくお願いいたします。

  稲葉、長澤、田渕、本多

前の10件 次の10件