ウイダーリカバリーパワープロテインウイダージュニアプロテインマッスルフィットプロテイン
ウイダージュニアプロテイン


ウイダーリカバリーパワープロテイン
ウイダーリカバリーパワープロテイン

リカバリーパワープロテイン(私たちの勧める理由) 
○トレーニング45分以内は1日の中で栄養素を最も吸収できる時間帯とは何故なのか?
トレーニング直後はからだの中のエネルギー(炭水化物)や筋肉の材料(たんぱく質)や汗で失われる成分(鉄、カルシウム、ビタミン)が不足します。不足しているとカラダはその栄養素を欲しがります。不足した状態から短時間で栄養素を摂取することにより、疲労回復に栄養素が使われることと成長の為のからだづくりに栄養素が使われる双方が働きます。
 
○運動して2時間以上経過すると疲労回復とからだづくりに役立つ栄養素が吸収できなくなるのは何故なのか?
運動直後から45分にかけてカラダの中の同化活動(栄養素をからだの中に吸収してくれる割合)が高まります。そこから徐々に減少し、運動直後から2時間が経過するとその同化活動が0%(殆ど活動しない)になります。同化活動が行われないと運動で疲労したカラダを回復させることができずその状態を繰り返すことにより疲労の蓄積、怪我にもつながります。

○運動直後に液体の栄養素を摂取しないとせっかくがんばった運動の効果が薄くなってしまうのは何故か?
運動直後は胃の調子が正常より低く、消化吸収に時間がかかります。液体であれば胃に負担もかけずしっかり吸収されますが、固形物(おにぎりやパン)の場合消化吸収に2時間弱を要します。固形物の場合は運動直後に摂取していても消化吸収が2時間かかるので、上記にある同化活動が充分に働かず、せっかく頑張った運動の効果が薄くなる、ということです。また、パンやおにぎりなどもとらず液体の栄養素(プロテイン)を取らないと、
全く栄養素がいきわたらないので、運動の効果(トレーニングによる筋肉、神経系の発達)が非常に低くなる
恐れがあります。       
 
○何故、リカバリーパワープロテインが他社製品より優れているのか?
運動直後の黄金比率である糖質:たんぱく質が3:1の商品は他の商品には殆どありません。
運動直後は高たんぱくのプロテインだけではリカバリーやからだづくりに非効率です。
水でおいしく飲め、ピーチ味は他社にはありません。
ココア味は森永ココアを使用している為、味の面ではお客様から親しまれている味です。
ウイダー独自の成分である、プロテイン性能を上げるEMR(酵素処理ルチン)が含まれている

○ウイダーにしか入っていないEMRとは何か?
プロテイン=たんぱく質であり、たんぱく質の性能を高めてたんぱく質を以前のプロテインよりもからだに浸透させやすくする成分がEMRです。大学と森永製菓が共同で開発したため、森永製菓の商品にしか入っていません。酵素処理ルチンとよばれ、植物性ポリフェノールの一種です。副作用やアレルギーの心配がない安全なもの
です。プロテインの性能が、これによりくまなく全身にたんぱく質が供給され、筋肉や骨や皮膚などのからだづくりに役立ててくれます。
 
○栄養素の少ないプロテインが出回っていると聞くが、どのような栄養素が入ったプロテインを選ぶべきか?
ビタミンB群(7種類)、ビタミンC等が含まれていることでたんぱく質の働きを補助し、メンテナンスの役割もあります。また、同じくメンテナンスの効果があるグルタミンが含まれているものを選ぶことをお勧めします。たんぱく質、糖質、脂質だけしか含まれていないプロテインは質が低く、からだづくりにとても非効率なので避けたほうが良い。
ウイダーリカバリーパワープロテイン
ウイダーリカバリーパワープロテイン
  • たんぱく質の働きを強めるEMR※を配合したプロテインは、ウイダー独自の研究から生まれました。
    ※EMR(酵素処理ルチン)1食分(30g)当り42mg配合
  • 運動で消費されたエネルギーの補給と酷使されたからだの修復に役立つ糖質3:たんぱく質1の黄金比率で配合。
  • 運動で消費され、からだのメンテナンスに役立つグルタミンを添加。
  • 運動後のからだを守るビタミンC、糖質・たんぱく質の働きに必要なビタミンB群(7種類)を添加。
  • 水でおいしく飲めるので、牛乳を用意しにくい部活動後などにおすすめ。

摂取タイミング(目安):トレーニング直後

ウイダーリカバリーパワープロテイン
ウイダーのご注文
▲ページのトップへ戻る


ウイダージュニアプロテイン
小学生でもプロテインは必要ですか?
成長期のこどもには、大人と同じくらいのたんぱく質などの栄養が必要です。(スポーツキッズならなおさら!)
カルシウム、鉄、ビタミンB群も添加していますので、朝食にプラスしたり、おやつとしてお召し上がりください。強く、元気に育ってほしいという親の願いを応援するプロテインです。

こどものからだをつくるもの「プロテイン」
プロテインとはたんぱく質のことです。たんぱく質は、からだのあらゆる部分のもとになる大切な栄養素。
成長期のこどものからだ作りのためにプロテインでおいしくたんぱく質を補給しましょう。
  • カルシウム・鉄・ビタミンB群(7種類) こどもの成長に必要なカルシウムと鉄、たんぱく質の働きに必要な ビタミンB群(7種類)を添加しています。
  • 「ココアは森永」のおいしいココア味。
成長期のこどもに必要な栄養素含有
成長期のこどもには十分な栄養が必要です。ウイダー ジュニアプロテインは、からだの元になるたんぱく質をはじめ、カルシウム、鉄、ビタミンB群を配合しています。

摂取タイミング(目安):朝食を食べられないとき・おやつに・スポーツ前後に


ウイダーのご注文
▲ページのトップへ戻る


ウイダーマッスルフィットプロテイン
ウイダーマッスルフィットプロテイン
  • たんぱく質の働きを強めるEMR※を配合したプロテインは、ウイダー独自の研究から生まれました。
    ※EMR(酵素処理ルチン)1食分(20g)当り42mg配合
  • すばやく吸収されるホエイたんぱくとゆっくり長く吸収されるカゼインたんぱくを50%ずつ配合。
  • 運動で消費され、からだのメンテナンスに役立つグルタミンを添加。
  • アスリートに不足しがちなカルシウム・鉄、たんぱく質の働きに必要なビタミンB群(7種類)を添加。

摂取タイミング(目安):トレーニング後・就寝前

ウイダーマッスルフィットプロテイン
ウイダーマッスルフィットプロテイン

ウイダーのご注文
▲ページのトップへ戻る

ウイダージュニアプロテイン

ウイダーinゼリーは、すばやく手軽に栄養補給ができて、適度な腹持ちを提供するゼリー飲料です。厳しい条件下で限界に挑むアスリートの声を受けて開発、1994年に発売しました。
人それぞれのライフスタイルに合わせて、6種類のウイダーinゼリーをラインナップ。食事がわりやスポーツ時の栄養補給など、様々なシーンで、あなたのイキイキとした毎日をサポートします。摂りたい栄養素や味やカロリーのウイダーinゼリーを選んであなたの毎日にぴったりの食生活をつくってください。

トライアングル理論
理想的なからだづくりを実現するためのウイダーが生み出した独自の栄養補給の考え方、それが「トライアングル理論」である。
「トライアングル理論」は、
●ENERGY=スタミナづくり 
●MUSCLE&BODY=からだづくり 
●CONDITIONING=コンディションづくり

の3つのコンセプトで構成されています。そしてそれぞれのコンセプトに基づいて開発された商品を正しく効率的に組み合わせて摂取することで、科学的なからだづくりを実現していこう、という考え方です。

ウイダーinゼリーは、まさにこの「トライアングル理論」を具現化した商品。 
スタミナづくり=エネルギーイン 
●からだづくり=プロテインイン 
●コンディションづくり=マルチビタミンイン・マルチミネラルイン

脂質を除く五大栄養素(たんぱく質、炭水化物、ビタミン、ミネラル)をそれぞれ手軽に補給できます。

「キレイ」の補給に機能特化したウイダーinゼリーをラインナップ。  
●ココロとカラダを動かす=アクティブアップ 
アクティブアップゼリーは、そんな前向きでアクティブに活動する女性のココロとカラダの「UP」をサポートします。 

現在5種類の商品を扱っています。
>>エネルギーイン >>プロテインイン >>マルチビタミンイン >>マルチミネラルイン >>アクティブアップ

すばやいエネルギー補給に(おにぎりおよそ1個分)
マスカット味
180kcal



ウイダーのご注文
▲ページのトップへ戻る


あなたのからだをつくるもの
乳ペプチド3,000mg、コラーゲンペプチド1,000mg配合
ヨーグルト風味
90kcal
※ペプチド:吸収されやすい、分解したたんぱく質




ウイダーのご注文
▲ページのトップへ戻る


11種類のビタミン配合
(1食分以上のビタミン10種類、1日分以上のビタミンCを配合※)
グレープフルーツ味
90kcal
※「栄養素等表示基準値」を目安にしています。




ウイダーのご注文
▲ページのトップへ戻る


5種類のミネラル(鉄、カルシウム、亜鉛、銅、マグネシウム)配合
グレープ味
低カロリー:35kcal




ウイダーのご注文
▲ページのトップへ戻る


還元型コエンザイムQ10 5mg
シトルリン 100mg
ビタミンB群(7種)、ビタミンC 配合
【オレンジ×洋ナシ×ジンジャー】味
70kcal



ウイダーのご注文

○からだのことを考えると、女子はプロテインを摂取しない方が良いのですか?
■小学生⇒ジュニアプロテイン ・基本的には男子と同じ、からだの成長を助けるものです。  (骨の主成分であるカルシウム、たんぱく質が含まれ、酸素の運搬に欠かせない鉄分が含まれています) 女子は小学生の成長が男子より早い傾向にあるので、これらの栄養素を沢山摂取する必要があります。 最近は偏食の子が多く、カルシウム、ビタミン、鉄分など必要な栄養素を摂取する機会が減少しています。 特に鉄分は10~11歳にかけて男子より非常に多く必要になります。
■中学生⇒ベストはジュニアプロテイン、ベターはリカバリーパワープロテイン 鉄分の必要量が増します。(成人女性よりも必要) リカバリー効果のあるエネルギーが入っています。(これについてはリカバリーパワーがベスト) 皮膚、骨、からだ全体をつくるたんぱく質もバランスよく配合しています。
■高校生⇒リカバリーパワープロテイン 運動量が増す為、よりリカバリー力(糖質:たんぱく質=3:1)の高いプロテインがおすすめです。 プロテインはからだを形成する栄養素であり、筋肉がムキムキになるわけではありません。 EMRの効果により、引き締まったからだになり、脂肪燃焼が期待できます。 筋肉がつくと、基礎代謝が上がり、体脂肪の減少につながります。

vivaio船橋サッカークラブ
 
vivaioミニサッカーパーク
 
vivaioランド
 
ブリエッタフットボールクラブ
 
ネケッツトータルサービス
 
セントレジャーゴルフクラブ市原
 
めんの山一