千葉県立船橋高等学校野球部 
千葉県立船橋高等学校野球部について
千葉県立船橋高等学校野球部 アクセス
千葉県立船橋高等学校野球部 選手紹介
千葉県立船橋高等学校野球部 スケジュール
千葉県立船橋高等学校野球部 試合結果
千葉県立船橋高等学校野球部 OB情報
千葉県立船橋高等学校野球部 父母会
千葉県立船橋高等学校野球部 中学生の皆さんへ
千葉県立船橋高等学校野球部 お問合せ
千葉県立船橋高等学校野球部 リンク集

千葉県立船橋高等学校野球部の歴史 
船橋高校の沿革はこちら
1946年(昭和21年) 野球部発足(旧制 船橋中学校)
1947年(昭和22年) 千葉県中学校野球連盟(のちの千葉県高等学校野球連盟)に加盟
1948年(昭和23年) 現在の野球グラウンド完成(運河工事跡地を建設省より貸与)
現在に至る。その間、1952年(昭和27年)に春季千葉県大会優勝を成し遂げるも、甲子園出場は未だなし。

(本校出身のプロ野球選手)
式田 信一 1957年卒 元中日ドラゴンズ
日野 茂 1963年卒 元中日ドラゴンズ他 横浜ベイスターズヘッドコーチ等歴任、現OB会長
早川 大輔 1994年卒 元オリックスブルーウェーブ - 千葉ロッテマリーンズ - 横浜ベイスターズ、現オリックススカウト


千葉県立船橋高等学校野球部の活動方針
千葉県立船橋高等学校野球部の活動方針
学校活動における「知・徳・体」のバランスのとれた人間形成に、運動部活動が寄与する部分は非常に大きなものです。
野球というスポーツに出会い、野球が大好きで集まった、クラスや学年を越えた仲間と共に、目標を設定・共有し、切磋琢磨しながらの3年間。
一生の中では決して長いと言えない時間の中で、生徒たちは野球を通じて様々な経験をします。
喜怒哀楽のある、ドラマティックな毎日の中で培った「人間力」は、その後の長い人生を豊かなものにしてくれるはずです。
そしてまた、そのような「人間力」を、自分の為だけでなく、社会のため、人のために発揮し、いずれは社会をリードし、また社会を支える人間になってもらいたいと思っています。

千葉県立船橋高等学校野球部の活動方針
本校は県下でも有数の進学校でありますが、「物事に全力で向かい、努力し追求する」スタンスは勉強のみならず、大好きな野球においても変わりません。やるからには頂点を目指す。これは当然です。
高校球児にとっての頂点とは、「甲子園出場」であり、「全国制覇」です。
本校野球部は、過去において春季千葉県大会で優勝(1952年・昭和27年)こそあるものの、甲子園にはまだ無縁です。
真の「文武両道」を目指し、勝ちにこだわって取り組んでいます。


千葉県立船橋高等学校野球部活動内容
活動日:火曜日~日曜日(土・日はオープン戦が主体。県内だけでなく、県外へのバス遠征もあり。)
     月曜日は基本OFF

活動時間:15:45~19:30(時期やメニューによって変動あり)
      ※朝練習は基本自主練習ですが、シーズンによって全体で強化練習を行ったりします。
      また、Bチームは朝練習をメインの練習の一部と位置づけて行うことがあります。

その他の活動:夏季遠征合宿・・・近年は茨城遠征合宿。春季関西遠征・・・隔年で実施。関西のチームとの試合に加え、選抜甲子園大会の見学を行う。


千葉県立船橋高等学校野球部スタッフ 

  監督:
増田 雄二
  部長:
日暮 剛平
  第三顧問:
佐伯 啓一
  第四顧問:
木内 厚志

千葉県立船橋高等学校野球部の施設





▲トップへ戻る

トップページ


野球部について

歴史(プロフィール)

活動方針

活動内容

スタッフ

施設



選手紹介

アクセス

スケジュール

試合結果

野球部へのお問合せ

OBob.html情報


父母会


中学生の皆さんへ


リンク集